手机版 | 上岸-检查更多论文 | 我要注册 | 留言-求论文 | 设首页 | 加收藏 | 新华字典 |
以后地位: 快活牛牛终究版技能 > 外语论文 > 小语种论文 > 文章 以后地位: 小语种论文 > 文章

日语论文范文:東日本の大年夜地动が日本経済への影響について

时间:2020-03-04    点击: 次    来源:搜集    作者:佚名 - 小 + 大年夜

要旨

中文摘要

キーワード

1. はじめに

2. 中日貿易の現状

2.1 中日貿易の規模

2.2 中日貿易の結構

3. 大年夜地动の中日貿易への影響 

3.1 大年夜地动の中日貿易への短期影響

3.1.1 大年夜地动が中日貿易にもたらした難題

3.1.2 大年夜地动が中日貿易に持ってきたチャンス

3.2 大年夜地动の中日貿易への長期影響

3.2.1中国の対日貿易赤字縮小の能够性が高い

3.2.2中日貿易への影響が无限なこと

3.3 中日貿易を発展させる対策

3.3.1 日本への輸入の拡大年夜

3.3.2 日本への投資の増加

3.3.3 日本から技術の輸入

4.  おわりに

参考文献

 

 

 

 

東日本の大年夜地动が日本経済への影響について

――中日貿易を中间に

要旨:日本は中国の最も重要な貿易相手である。東日本大年夜地动は日本の経済に傷をもたらした。それに、中国に必定の影響を及ぼした。大年夜地动の発生は中日貿易の発展に対して、難題があれば、チャンスンもある。しかし、長期に見ると、このような影響は无限である。本稿はまず、中日貿易の現状を紹介し、中国と日本との貿易の付き合いの密接な関係を振りかえる。そして、大年夜地动が中日貿易に対して、どんな影響を与えたのかを分析する。最後に、中日貿易を発展させる対策を検討してみたい。

キーワード: 大年夜地动 中日貿易 補完構造 難題 チャンス

 

摘要:日本是中国最重要的贸易国。东日本大年夜地动对日本的经济形成了创伤,并且也对中国产生了必定的影响。大年夜地动的产生关于中日贸易的生长,既是个困难,又是个机会。然则,从中经久来看,这类影响又是无限的。本文起首简介中日贸易的近况,接着回想了中日经贸来往的密切关系。然后分析大年夜地动对中日贸易带来了如何的影响。最后,试着评论辩论生长中日贸易的对策。

关键字:大年夜地动  中日贸易  互补构造  困难  机会

 

1 はじめに

2011年平成23年)3月11日)に発生した東北处所宁靖洋沖地动とそれに伴って発生した津波、及びその後の余震により引き起こされた大年夜規模地动災害は東日本大年夜震災と呼ばれる。今回の地动は日本そして世界経済にとっても大年夜きな災難である。

日本は中国の第3大年夜の貿易相手として、中国との経済貿易の関係はずっとすこぶる人々の関心を受けている。 2011 年の3 月11 日に東日本で発生したマグニチュードの9. 0 級の大年夜地动は日本の経済に重傷を負わせ、同時にきっと中日貿易に対して必定の影響をもたらす。中国現代国際関係研究院日本研究所の劉軍紅研究員によると、生産才能とインフラが回復しないうちは、日本の被災地で掉われた生産才能は日本の他地区が埋め合わせしなければならない。関連製品の対外輸出は必定の影響を受け、減少するとみられる。日本は中国に電子製品部品を供給する重要国であり、このたびの地动は自動車、玩具、石油化学、電子製品といった中国の加工型の産業に影響を与えることになるという[1]

本稿はまず、中日貿易の現状を紹介し、中国と日本との貿易の付き合いの密接な関係を振りかえる。そして、大年夜地动が中日貿易に対して、どんな影響を与えたのかを分析する。最後に、中日貿易を発展させる対策を検討してみたい。

2 中日貿易の現状

2.1 中日貿易の規模

中国税関の統計によると、昨年、中日両国の貿易額はこれまでの最高記録を更新し、831億6600万ドルとなった。本年1-10月に、两边の貿易額は前年同期比6.7%増の718億4400万ドルに達した。そのうち中国側からの輸出は365億6200万ドル、輸入は352億8200万ドルとなり、前年同期比それぞれ8.4%と5.0%増えた[2]

両国の貿易規模の絶えまない拡大年夜と構造調整の過程で、貿易紛争や磨擦の出現は避けられないし、それを避けて通るつもりもない。しかし、強調したいのは、中日経済貿易協力は、普通の二国間貿易関係の特徴もあれば、前述のようにそのはっきりした特别性もある。従って、两边の貿易磨擦を解決するには、この点を非常に認識したうえでじっくり話し合い、两边に受け入れられる办法を提出しなければならない。日本や他国のモデルを安易に当てはめ、沉着さを欠いた協議をおこない、一方的に措置を取ることは望ましくない。在中国日系企業の好处を犠牲にし、国际の立ち遅れた業種の好处を過度に保護することも不公平であろう。したがって、友爱的な話し合いを通じて問題の解決を図ることを主張しており、制限を設けるいかなる措置ももろ刃の剣である。

2.2 中日貿易の構造

中日貿易の構造は補完性がある。中国が日本への輸出したのは多く資源の密集型と労働密集型の製品だが、日本が中国へ輸出したのは多く知識、技術集約型の製品である。中日両国は貿易の構造の上でわりに大年夜きな補完性を持っている。

まず、資源から見れば、中国は天然資源、マンパワー、資本資源の方面で日本を上回る。しかし、中国は知識技術の資源、国際資源の方面で日本より遅れている。知識技術の資源を例として、日本の今の知識技術の資源は中国の8倍である。中国の知識技術の資源はただ世界の1.85%だけを占め、日本は14.7%を占める。このような資源上の相違は両国が貿易の分野で協力と交换を行うために条件を創造した[3]就赓续构成原有分业运营形式的冲破。

次に、详细的な産業から見れば、織物の分野で、中国は労働力コストと加工コストが日本よりはるかに低く、絶対的な優位を占めた。その上、中国の消費水準の高めに従って、高級な織物へのニーズは日々に増え、消費市場の潜伏力はますます大年夜きくなってきた。日本は技術の優位を備え、详细的に新しい繊維材料の研究開発と応用の方面に表現する。だから、日本が開発した新しい原料を中国に輸出し、中国の安価な労働力を应用して原料を完成品に加工して、それから日本やその他の国へ売り戻させる。この過程の中で、中日両国は非常に各自の長所を発揮して、優位なところから補い合い、两边に好处を得させる。

3 東日本震災の中日貿易への影響 

3.1 大年夜地动の中日貿易への短期影響

日本は2011 年の3 月11 日にマグニチュードの9 級の大年夜地动が発生した。日本の国际に深刻な経済損掉をもたらしただけでなく、その上短期で中日の貿易に対して巨大年夜な衝撃を引き起こした。しかし、長い目で見ると、日本の大年夜地动は中日貿易への衝撃が次序递次に弱まって、影響は大年夜きくない。

中国は日本の隣国にして、東日本の大年夜地动のため、きっと必定の影響を受けた。しかし、日本の大年夜地动は中国に難題と挑戦を持ってくるだけでなく、同時にチャンスを持ってきた。

3.1.1 大年夜地动が中日貿易にもたらした難題

まず、東日本大年夜震災が中国に持ってきた難題は主に以下のようである。

第一は日本企業の生産の停止は中国の加工企業に肝心な部品が缺乏して部品の価格が上昇する問題を導き、中国の加工企業の生産と供給の才能はマイナス的に衝撃を与えた。そして、中国のコストを高めてブッシュ・インフレーションを构成した。

第二は日本は中国の主な輸出市場で、日本経済の萎縮が中国製品の輸入须要を下げる。

第三は日本の原子力発電の危機が全球の原子力発電の産業に影響を及ぼした。全球は石油、天然ガスと石炭などのエネルギーの発電へのニーズはきっと増加するに違いない。こうして、化石資源の価格が上昇するのを招いて、中国の入力型インフレを激化させた[4]

第四は大年夜地动で日本のアンダーライターと投資商はドル証券の資産を投げ売りした。これはアメリカの国債の利回りの上昇と価格の着落を誘発し、それによって中国が持った1.6兆のドル証券の資産の価値に影響するようになる。

日本の多くの電子企業の操業停止は、中国企業により深刻な影響を与えることになるとみられる。ある専門家によると、中国は日本から大年夜量のハイテク製品、川上の中間製品、設備などを輸入している。川上の中間製品の供給が停止して減少しているため、日本の設備生産プロセスや貨物引き渡しプロセスの中断を受けて、一連の新規建設プロジェクトや改良プロジェクトが速度を落とさざるを得なくなっているという。

ある業界関係者によると、地动の影響を最も強く受けるのは、日本から設備、電気機械部品、光学部品などを輸入する企業だという。こうした企業の日本からの輸入には代わりになる輸入源が少なく、またこうした企業本身が「日本が中核部品を供给し、中国が製品に組み立て加工し、世界市場で販売する」という産業分業チェーンの一環になっており、短期間で代わりの部品供給源を見つけることが難しいからである。

以上のように中日貿易の現状への分析から日本は主に中国に知識の技術集約型の製品を輸出することを私達は知ることができる。例えば、ハイエンドの機械、自動車工業の製品、新型の化学製品などである。今回の日本の大年夜地动はこれらの製品を生産した企業に対して深刻的に破壊した。製品、工場の建物と生産ラインも壊された。例えば、東北部被災地区の伝統工業区域の三大年夜自動車のメーカーは豊田、本田、日産がそれらの生産供給が重傷を負わせられた。三大年夜自動車のメーカーの完成品と部品の生産高に激減するように至る。短期の内に、日本が中国の輸出製品の生産高の激減はきっと日本の中国への輸出額は大年夜幅な着落をもたらした。




[1]孟昭莉.日本地动が中国の主な産業に対する影響について.マンパワー、2011. 5.

[2]辺吉.中日の貿易の小さい統計.現代的な日本経済;1982年の04号

[3]林連徳.中日の貿易の30年間.国際貿易.1982年の06号

[4]孫闖飛、李延鳳. 日本地动:中国企業のチャンスと挑戦. 中国市場、2011. 4.

上一篇:没有了

下一篇:日语论文范文:井伏鱒二の作品における動物の世界

立案ICP:陕ICP备12032064号  |   客服QQ:81962480  |  地址:西安市雁塔区运动场金兰大年夜厦302  |  德律风:12345678910  |